高島の泉 滋賀県

京都府・TATUさんのレポートです。

タックル
◆ロッド 修羅
◆リール プレッソ
◆ライン PE 0・3号
◆ヒットルアー エスクラ ジャークラン

4月になり渓流に行きたい熱が高いですが、甥っ子から『高島の泉に行かない??』っと釣りのお誘い。
年長さんの時から一緒に釣り、色々な外遊びを教えて来た甥っ子も4月で高校3年生になるのに釣りに
誘ってくれるのはありがたい事です!

甥っ子の願いは聞いてしまう甘い叔父なので、渓流は置いておいて滋賀県は高島の泉に向かいます。
甥っ子の希望は高島の泉でニジマスを釣って、その後は琵琶湖でブラックバスを釣りたい!っと、、
甘い叔父さんはその願いを叶えるために頑張ります。

予定を考えると高島の泉で釣りが出来る時間は3時間しかありませんが、なんとかなると思って
管理池に到着したら予想以上にお客さんが多い、、やはり!春休み。。
釣りを出来る場所が限られているし、何よりも風が強い!今まで雪、雨、雨と来て
4回目は晴れたけど強風って、、

少しでも風を背で受けれる場所を探して釣り開始となりました。
今回もスプーンでなくプラグのエスクラとジャークランの二刀流で攻略していきますが、
今までエスクラでしたが、今日はジャークランを使い経験値を上げたいと中心で釣りをします。
甥っ子とジャークランを選びストップ&ゴー、ステイのタイミングにロッド角度を話し合い
釣りをしていきますが、釣れる釣れないを別にして甥っ子と釣り談義が出来る、
会話内容が成立する事は楽しいと言うか、、幸せと成長を感じ涙が出そうになります。

2人で試行錯誤してニジマスに口を使わせることに成功して釣り上げる喜びを2人で共有する事が出来て
釣り時間の3時間はあっという間に終わりました、その後は琵琶湖に向かいますが、、気配無く終了。

釣りと言うよりも甥っ子と一緒に釣りが出来て釣り談義が出来た事が記憶に残る日になりました。