サクラ散る北川水系にて

大分県・shoichiさんのレポートです。

急に予定がなくなったことで迷うことなく北川行きを決定、
昨日の雨が山間部ではまだ残るなかでの釣行になりました。
天候は回復する予報なので今日は時間を掛けてゆっくりと釣りを楽しめそうです。
今朝の気温は14℃とひじょうに暖かく適度な増水はしていますが、
これなら安全に遡行も出来ます。
この溪は濁り知らずとあってどんなに降っても釣りが成立するのが強みなので
今日も期待したいところ。
気温も高く水もよく流れているのでBELL’s(ベルズ)で表層を探っていきました。
しかしながら思いのほかまったく反応がありません。
今日は水面が荒れた状態なのでチェイスしてるのかも判りませんが、
いつも必ず魚をストックしている淵なので諦めず時間を掛けて攻めていきました。

表層でまったく反応しないことから魚は沈んでいると判断、
BELL’s(ベルズ)を沈めてゆっくりと探るとパワーのある強烈な引きが
いきなり襲ってきました。
流れにも乗られてその引きを存分に楽しみ無事にネットインしたのは鰭ピンの
尺ヤマメで今回はひじょうに幸先の良いスタートとなりました。

そしてすぐに後続の魚たちも追加。こちらはどちらも惜しくも尺には
届かなかったものの、サイズ的にも申し分なくじゅうぶんに満足できる
個体のヤマメたちでした。

やっぱり今日は魚が沈んでることは間違いないようで時間を掛けた
甲斐がありました。
おそらく増水で流れが早過ぎるんじゃないかと思います。
時期は違いますがこれまでも増水で流れがキツイ時は見た目に緩い所に魚が
溜まってる傾向が強くそういった狙い方をしてきました。
今回も瀬に入ってたヤマメは緩い所に溜まっているか深みに沈んでいると
いうのが今日の攻略の糸口となりそうです。
これから遡行するにあたって狙い方がはっきりとしたオープニングとなりました。

前々回に尺上のヤマメを仕留めた瀬も今日はこんな感じです。
いることを前提として強すぎる流れを避けるように岩陰に潜んでいそうですが、
結局ここでは何の反応もありませんでした。

…ということで狙いは深みの下のレンジ。
ここでは流れも落ち着いているのでチェイスを確認できましたが食わせきれない
場面が続きました。
活性はあまり良くないようですがそれでも粘っていると、なんとかヒットに
持ち込むことができました。決して悪くないサイズですが

すでに今日の私の目もバカになってしまってるのが残念でなりませんが、
とにかく綺麗な個体でした。
ここに魚はストックされてるようで、何度もチェイスの場面に遭遇しますが
やはり食わせきれず!歯がゆい場面が続きます。
これがまた夢中にさせてくれて釣りを面白くしてくれます。ほんと楽しいです。

そんな感じやってましたが喰ってきたのは小型のヤマメばかりでした。
この淵から上は急に魚の気配がなくなってしまったことで見切りをつけて
退溪し前回の上流部に移動してみました。

前回よりも水量は多く雰囲気的には良い感じです。入渓地点の瀬では早速、
良型ヤマメがギラリと反転する姿を見れたことで俄然やる気になりましたが、
エリア変えしても今日はやっぱり魚の活性は低いようでチェイスがあっても
寸前で見切られてしまう場面が続き厳しさは変わりません。
ミノーに反応が良くないことでMIUの新色も投入してみましたが結果は
同じでチェイスはあっても寸前で見切られてしまいました。多くのヤマメを
目視することは出来ましたがヒットには持ちこめず。

結局、ここでは一匹もキャッチすることなく今回は納竿となりました。
これがシーズン序盤の難しいところなのでしょうか?
まだまだ自分の引き出しが足りないなぁと痛感した次第です。
次回はまた状況もガラリと一変すると思いますが新たな気持ちで
春の渓流釣りを楽しみたいと思います。

使用ルアー:
BELL’s(ベルズ)
1.赤金ヤマメ、2.黒銀ヤマメ、3.黒金アマゴ、4.緑金、5.オイカワLtd、
6.金アユ、7.ウグイLtd、8.ワカサギ、9.コパー岩魚、10.クリアブラック、
11.クリアレッド、12.クリアチャート

使用スプーン:
MIU2024(2.2g/2.8g/3.5g)
1.IFオレ金、2.キラーピンク、3.バーチカル黄桃、4.セカンドオレンジ、
5.うぐいすぽっと、6.ISターコイズ、7.BBシャイニー、8.ダーティグローG、
9.SNシルバー、10.グローシェイク