東山道フィッシングエリア

埼玉県・藤田さんのレポートです。

タックル:
ULTIMA-C/TD―イージス改/E0.35号+F0.5号
ULTIMA-R/ヴァンキッシュC2000S/カラーE0.4号+F0.6号

ヒットルアー:
MIU2.2g PAL1.6g ファクター1.8&1.2g
メビウス1.9&1.7&1.2g メビゼロ0.9g FIX0.7g

昨シーズ結構楽しめた東山道FAに行って、一日券で釣行してきました。
少し前にフォレストの長谷川君や廣瀬さんの話を聞く限りでは、MIU・PAL・ファクターで
良い釣りが出来たとの事だったので、色々試してみる事にしました。
以前来た時も回遊は程々にしている印象だったので、活性残りが居ないかな?と明るめな色で
探っていく事にしました。
金残しや蛍光・シャイニー系に、適度に反応してくれる感じで、2本用意した竿の片方は巻き用で、
もう一本は底用と割り振り、反応を探っていきました。
平日釣行なので、釣り座も自由に選べる感じだったので、反応を見ながら適度に移動しました。
朝のうちは、巻きタックルで探る事が多かったのですが、日中は底用で丁寧に探って反応を
拾う感じとなりました。
終盤は、移動が面倒となり、帰り易そうな管理棟前の空きスペースに入って、探ってみる事にしました。
夕方が近くなり、魚の回遊が始まったのか?巻きの釣りにも反応してくれるようになり、
ファクター・PALの明るめな色で、適度なペースで反応を得られるようになりました。
満足して帰ろうとすると、「これから浮き餌を撒くので・・・」とスタッフさんに言われたのですが、
道具も片しちゃったし・・・と思ったので、感じだけ見ていく事にしました。
結果は、次回はその時間を待っても良いかな?と思える感じで、水面がナブラが出来ていました。
通常の時間も、若干撒き過ぎかな?と思うくらい、沈み餌を撒いて、その恩恵に与っていたので、
良いか?悪いか?分かりませんが、釣らせようとする努力は惜しまない感じに見えたので、
都合が付けば、また行こうと思いつつ、帰路に着きました。