川場フィッシングプラザ

埼玉県・藤田さんのレポートです。

タックル:
ULTIMA-B/ヴァンキッシュ1000S/F1.5lb
ULTIMA-MM/ステラ1000S/E0.35号+F0.4号
修羅L-TZ/ステラ1000HGS/PE0.2号+F0.6号
修羅UL/ヴァンキッシュC2000S/E0.4号+F2lb

ヒットルアー:
MIU1.4g ファクター1.8&1.2g フィックス0.7g M2各種
チェイサー0.6&0.4g メビウス1.9&1.2g メタルバイブなど

「久しぶりに川場に行ってみます?」と誘われたので、一日券で釣行してきました。
入場順で、普段余り入ったことの無い川側のポンプより管理棟寄りに入って、
釣行を開始しました。
巻きで反応を・・・と思い、色々投げてみましたが、触りは感じられたものの、
ヒットに結びつかなかったので、
底の反応を探ってみる事にしました。
取り合えずで投げたメタルバイブで、早めに反応が得られたので、メビウスも試してみると、
ソコソコ反応は良い感じで、適度に反応を得る事が出来ました。
これで巻きに集中出来ると思いましたが、巻きへの反応はイマイチな感じで、
放流までは底の釣りで反応を得ていきました。
午前の放流の時間となりましたが、放流場所から遠い為、金系でガッツリと
いった感じには成りませんでしたが、
暫らくしてから、群れに混ざって反応の良い魚が回遊してきたようで、
フィックス0.7g・ファクター1.2gを使用しての着底からの巻きで、
いい感じに反応してくれるようになり、適時カラーローテで、良い感じに
釣れるようになりました。
手前に回ってきている時は、チェイサー0.6gで同様に探るのも、結構反応が良かったです。
回遊が絡んでいるので、終始反応が良い感じでは有りませんでしたが、
メタルバイブは安定してたたっていたので、スプーンの反応が落ち着いたら、
メタルバイブを投げて、満足したら、スプーンで探るの繰り返しが続きました。
午後の放流も、ノーチャンスな感じでしたが、午前同様、暫らくすると、
チョコッとスプーンへの反応が、良くなる感じでした。
チョットでも遠くに・・・と、チョット細いエステルも投入したのに、
スプーンの軌道がなんか変だな?と思い、リールをチェックしてみると、
ノーマルギアとハイギアが逆に組んである事に気付きました・・・
夏場に、引き波を出しやすいようにと組み替えたのを忘れてたのが、原因でした。
通常のセットに戻して、チェイサー0.6gで探ってみたところ、
普通に反応を得られるようになりました。
チェイサーのカラーローテで、適当に反応を得た後は、終了時間を気にしだす
時間帯となりました。
餌活性になっている魚が、一気に増えたようで、メビウス・M2(0.8g)の底の釣りに、
反応が良い状況になりました。
適度に反応を得ていると、表層寄りの魚も給餌待ちの状況となり、茶系のスプーンに
反応が良くっていたようなので、M2で、0.8→0.6→0.4とローテして適度に
反応を得たところで、終了のアナウンスが流れました。