奥多摩にて

埼玉県・サブローさんのレポートです。

およそ一か月ぶりに奥多摩へ。
今回は、さらに奥へ行ってみようと林道を1時間ほど歩いて上流を目指しました。
しかし暑い、気温はそれほど高くないのですが、湿度が高いせいでウェーダーの中はムレムレ。
予定していた箇所より手前で入渓することになりました。

連日の雨で水量は、前回とは比べ物にならないほど豊富。
前回は、5寸ほどの岩魚ばかりでしたが良型も期待できそうな感じです。

まずは輪舞で岩魚の活性を確認しながらスタート。
さっそく6寸ほどの岩魚がヒット。
活性は高いようですが、人も多く入っているようで秩父同様にかなりスレていて
反応があるのは最初の一投目だけ。
一投目でバイトまで持ち込めるかの勝負でした。

次も輪舞でややサイズアップ。
7寸ほどでしょうか。
前回よりもサイズアップですが、5寸ほどの岩魚が成長したのか、
前回出てこなかった岩魚が出てきたのか微妙なところです。

輪舞からMIU2.2gへチェンジ。
前回大活躍のMIU2.2gですが今回はダメ軽過ぎました。
パル3.8gへ即チェンジ。
7寸ほどの岩魚がヒット。

プール状のポイントが出現。
な~んか良型が出そうな予感がしたのでiフィッシュ5Sを試してみると
「ゴンッ!」
キタ~やはり居ました。
9寸近い良型をキャッチ。

小さいポイントではスプーン、広いポイントはiフィッシュを使い分けて2桁の釣果でした。
しかし、ある所からはサイズも5寸ばかりとなり時間も夕刻となりましたので終了しました。