大分県・北川水系

大分県・shoichiさんのレポートです。

釣行日時: 2018年03月01日
釣行場所: 大分県・北川水系

タックル

ロッド: Stream Infinity 4’ 11’’
リール: CARDIFF CI4+ C2000HGS
ライン: ナイロン4lb
ルアー: PAL Limited 2017 / Fix Impact / i-Fish FT 5S

今年の解禁日の朝の気温は9℃...ここ数年氷点下続きだっただけに温かく感じます。
春の嵐の影響で釣り場へ向かう県道では横風の突風にハンドルを何度も持っていかれそうになりましたが、解禁日という特別な日にそんなことを気にしてる場合じゃありません。

昨シーズンは、とにかく雨に泣いたシーズンで県内各地で大水害にも見舞われたので、私が釣りをする渓谷は大丈夫だったのか?と気にしてましたが、入渓地点で早くもその被害が甚大だったことを把握します。
山肌にはたくさんの倒木...崖崩れを起こしたまま手つかずで現在に至ってる所もあります。
入渓しても、これまで見慣れた風景も大きく変わり...あそこにあった大岩があんな所に、川の筋がこれまでと全く違うなど、まるで初めの場所を遡行するような感じでした。
昨日の雨で水量も思っていた以上に多く、今回はスプーンで淵だけを釣り歩くつもりだったのですが、思わぬ水量でミノーでの釣り上がりとしました。
見るとこ見るとこが変化にとんでおり、今シーズンはまた新たな気持ちでこの溪と向き合えそうです。

肝心の釣果ですが数は6匹...まだまだ魚の活性は低いというのを強く感じましたが嬉しかったのは尺上のヤマメに出逢えたこと。
とにかく今シーズンは昨シーズンの分まで余分に楽しみたいなぁ...と思っています。