奥多摩にて

埼玉県・サブローさんのレポートです。

だいぶ暖かくなり桜も咲き始めたので奥多摩に行ってみました。
去年は、おととしの台風の影響で奥多摩も秩父も釣りが成立しないほど魚影が薄くなっていましたので、
今年もあまり期待しないまま川に降りました。

今回の川は、初めて入る川です。水量も豊富で水深もあり魚がいればすぐにも釣れそうな川です。
流れが太く2g程度のルアーでは攻略できそうもないので、輪舞をメインに釣りあがってみました。

落ち込み、渕、早瀬、滝と大場所も多いのですが、やはり魚がいない。
この時期なので魚もスレていないはずなので、居れば何かしら反応があるはずなのですが、
まったく魚信がありません。
 
開始して魚影が確認できないまま3時間が過ぎ、あきらめて帰ろうとしたところ、やっと初HIT!
5寸ほどのヤマメでしたが、魚がいてくれたことに一安心。

その後、もう一匹5寸ほどのヤマメを追加した後、広いプールが出現。
まずは、手前から攻めてみると、いいアタリ!
7寸越えのヤマメをキャッチ。
ルアーを変えて、奥の方へキャスト。
またまたHIT!
こちらも7寸越え。
サビもなく、体高もあるので越冬したヤマメでなく、成魚放流されたヤマメでしょう。

その後は、また沈黙となり、通らずのゴルジュが現れたので、そのまま引き返し終了としました。
今年もそうですが、数年間は厳しい釣りになりそうですね。