加賀フィッシングエリア

埼玉県・藤田さんのレポートです。

タックル:
修羅L-TZ/ヴァンキッシュC2000S/N
修羅ML/ステラ1000HGS/PE0.2号+F0.6号
修羅L/ヴァンキッシュC2000S/E0.4号+F2lb

ヒットルアー:
MIU2.2&3.5g PAL各種 ファクター1.8&1.2g
フロントレイク4g マートー2 M2(0.6g) コラボクラピーDR
ダイブM&DR 表層系クランクなど

「加賀にと思うんですがどうです?」と誘って貰ったので、加賀FAに行って、一日券で釣行してきました。
前回の加賀釣行のイメージのまま、釣行を開始したのですが、魚の定位・回遊するルートが変化していたようで、
思い込みが強過ぎた分、修正に戸惑ってしまい、1匹目を釣るのに多少時間が掛かってしまいました。
手前に見受けられていた群れは、ほぼ居なくなっていた感じで、1.5g付近までのスプーンでは、
事故的な反応を得るに留まっていました。
クランクの釣りは、程々に効果が有る感じで、表層寄りを丁寧に探れば、上記のクランクで適度に反応が
得られました。
朝・昼の放流は、重めのスプーンの遠投からの探りで、順調に反応を得る事が出来ました。
飛距離の無さを補う為に使用してみたフロントレイク4gも、良い感じに填まり、
適度に当たりを出す事が出来ました。
ただ、フックセットに一考の余地有りな感じで、掛かった半数以上バラシてしまいました・・・
他の重めのスプーンも、普段使いが減っている分、針を交換しながら使用する感じとなってしまい、
効率が良くない気がしました。
午前放流からのローテは、良い感じだったようで、適度に反応を得られたのですが、日中の気温にやられてしまい、
午後放流の反応が落ち着き始めたタイミングで、終了としました。
→ 加賀フィッシングエリア HP