京都 上林川

京都府・TATUさんのレポートです。

今年は暖冬、暖冬だと話をしていたら渓流の解禁日!1年とは本当に早いもんです。
驚くほど雪が降らなかったので水位が気になりながら私のホームグラウンドである京都は上林川に到着し
川を眺めますが、、例年と比べると水位が低い気がしますが目を凝らせばチラチラと魚影も見え
ひと安心と同時に早く釣りたいとソワソワしながら道具を準備してイソイソと入水します。
ひさびさの渓流フィッシングに興奮しながら一投目をキャストします。
ヘナヘナとした一投目になりましたが下手さを嘆くよりも楽しさが上回ります!
心を落ち着けて二投目をキャストしてさっそく見えたチェイス!
残念ながらヒットとはいきませんでしたが、興奮しますね!!
次こそ、次こそ!っと願いながらキャストしていきアマゴのもったいぶる反応にヤキモキしつつ、
あの流芯の岩影から出てきたら最高だろうなと思いながらキャストをしたら本当に絵に描いたように
岩影から出てきた魚影がアイフィッシュに食らい付きました!
思い描いた通りすぎてビックリしましたが最高の一匹と良型のアマゴにニンマリする私。
写真を撮りながら今年の放流アマゴじゃなく去年の居残りアマゴなのかと思うとより嬉しくなります!

最高の一匹で迎えた2020年の初アマゴを祝してか?いきなり雪が、、
暖冬!暖冬と思っていましたが降るときは降るんだと空を見上げながら
チラチラから吹雪になっていく天気に苦笑いです。
でも!?この雪効果か?プレッシャーが薄れたのか?雪による若干の濁り効果か??
そこからヒットの連発に笑が止まりません!
渓流ってこんなに簡単には釣れたの??っと思ってしまうほどに釣れますが
指先は寒さでかじかみ寒いです、、
気がつけば周りは真っ白になり今シーズン見ることがなかった雪景色とアマゴの入れ食いを堪能し
体が冷えきって風邪を引く前に道具を片付けて近くの温泉施設に向かいました。


◆タックル◆
ロッド・・・ストリーム・インフィニティー5ft5in(フォレスト)
リール・・・ルビアス2506(ダイワ)
ライン・・・4ポンド(ナイロンライン)

◆ルアー◆
アイフィッシュ フィールドチューン