2020.2.2 FPベリーズ迦葉山

埼玉県・藤田さんのレポートです。

釣行日時:
釣行場所:
2/2
FPベリーズ迦葉山
タックル: ULTIMA-C/ヴァンキッシュC2000S/F2lb
ULTIMA-B/ヴァンキッシュC2000S/E0.4号+F2lb
修羅L/ステラ1000HGS/PE0.2号+F2lb
ヒットルアー: MIU2.2g ファクター各種 フィックス0.7g
M2(0.6g) メビウス1.2g コラボクラピーなど

友人が「行きますけど、どうですか?」との事だったので、FPベリーズ迦葉山に行って、一日券で釣行してきました。
開始時は、底の反応から探ってみましたが、取りあえずは反応を得られましたが、後が続かない感じでした。
巻きで探っている友人も、反応は得ているものの、似たような感じでした。
暫らくすると、池の活性UPを計る為の放流が行われました。
放流場所から結構離れていたので、恩恵は少ないかな?と思いつつ、放流系のローテを行っていくと、
程ほどのペースで反応を得る事が出来ました。
明滅系のカラーで探りだしたところで、放流魚に混じって回遊を始めたであろう大型が反応してくれました。
放流魚ではしゃいだ後で、結び直してない状況だったので、チョコッと時間をかけて慎重にやり取りした結果、
無事にネットインする事が出来ました。
この時点で、結構満足してしまい、残りの時間は惰性で釣りしている感じでした。
この頃から風が強くなり、PEでの底の釣り・軽いスプーンの釣りが難しくなってしまいました。
引き抵抗のあるクランクの釣りは、成立する感じだったので、コラボクラピーなどを使用して、
反応を得ていきました。
夕方になると、風も治まりだし、お客さんも抜け始め、空いている場所が目立つようになったので、
チョイ移動しながら探ってみると、表層寄り・底寄り共に反応が良い感じで、適度なペースで
反応を得る事が出来ました。

→ フィッシングポイントベリーズ ホームページ