2020.1.24 FPB迦葉山

埼玉県・藤田さんのレポートです。

釣行日時:
釣行場所:
1/24
FPベリーズ迦葉山
タックル: ULTIMA−B/ヴァンキッシュ1000S/F1.5lb
修羅ML/ステラ1000HGS/PE0.2号+F2lb
ヒットルアー: メビウス1.9&1.7&1.2g メビゼロ0.9g ファクター1.2&0.9g
フィックス1.3&0.7g マートー2 コラボクラピーDR

有休を取得したので、FPベリーズ迦葉山に行って、釣行してきました。
開始時は、メビウスを使用しての底の釣りから始めてみましたが、当日は少し気温が高かった所為か?
底を意識する魚が少なく、反応は良い方では無い感じでしたが、反応してくれる魚が居るだけで、
頑張れる感じだったので、結構粘って、それなりに反応を得る事は出来ました。
ある程度満足したところで、巻きの反応も探ってみる事にしました。
友人からの話で、ファクター0.9g・フィックス0.7gが良い感じかな?と思いつつ探ってみると・・・
開始から巻いていれば良かった!と思うほどの反応で、コンスタントに反応を得る事が出来ました。
中層で反応しているなら、クランクも良いのでは?と思い、新色のコラボクラピーで探ってみると、
浅めの層で触りが多発し、程よく反応を得る事が出来ました。
反応する魚の中に、大型のロックも混ざったのですが、強めのタックル+PEのセットで、
逃げ場が針しか無かったようで、針を伸ばされ、無念のバラシとなってしまいました。
巻きの釣り+クランクの釣りで、一日楽しめるかな?と思い始めた頃、徐々に風が強くなり始めました。
風が強くなると、軽量スプーンでは厳しくなってしまい、弱くなったタイミングで、
反応をチョコッと得られれば良いといった状況となってしまいました。
底の釣りも、大きいシルエットスプーンは難しくなる時間帯だったので、メビウス1.7gで探る事にしました。
状況に合った動かし方が出来る様になると、ポツポツとは反応を得られるようになりました。
クランクは、チョコッと触りは減ったものの、反応してくれる魚は居る感じだったので、
手持ちのカラーを頻繁にローテしながら探っていきました。
メタルバイブ・底系プラグも総動員してみましたが、皆さん多投しているようで、得られる反応は
余り多く有りませんでした。
夕方、風も弱くなり始めたので、再度、スプーンで探ってみる事にしました。
イブニングくらいの気持ちで、マートー2・フィックス1.3g・ファクター1.2gで探ってみると、
底寄りの層で、反応が出始めました。
大物を警戒してPEで探っていたのですが、掛け損ない・バラシが出たので、フロロで探ってみる事にしました。
フロロにした途端、コツっと当たりが出たので合わせてみると、どうやら大型がヒットしたようでした。
3度目の正直と思い、強い引きを楽しみつつ丁寧にやり取りした結果、無事ネットインする事が出来ました。
残り時間もほぼ無い感じだったので、大型ロックを上がり鱒として、終了としました。

→ フィッシングポイントベリーズ ホームページ