2020.1.12 群馬フィッシングセンター中之沢

埼玉県・藤田さんのレポートです。

釣行日時:
釣行場所:
1/12
群馬フィッシングセンター中ノ沢
タックル: ULTIMA−C/TD−イグニス改/F2lb
ULTIMA−B/ヴァンキッシュ1000S/F1.5lb
ULTIMA−MM/ヴァンキッシュ1000S/E0.3号+F1.5lb
修羅L−TZ/ステラ1000HGS/PE0.2号+F2lb
ヒットルアー: MIU2.2g ファクター各種 フィックス1.3&0.7g
マートー3 チェイサー1.2g コラボクラピーDR

日曜日は、GFC中ノ沢に行って、釣行してきました。
開始時は、PAL・ファクターでカウントを刻みながら反応を探ってみましたが、
冷え込みの所為か?反応は余り得られませんでした。
スプーンがイマイチなら、クランクかな?と思い、クランクの釣りを試してみる事にしました。
コラボクラピーの新色が届いていたので、新色多めでローテしてみましたが、
クランクも触りは適度に有るものの、ヒットに繋がる感じでは余り有りませんでした。
最近の流れで、メタルバイブのリアクションの釣りにすると、反応を得られるようになりました。
底寄りがいいのなら・・・と思い、マートー3で丁寧に巻いてみると、得られる反応が有る事が分かりました。
試行錯誤しながら反応を探っていると、放流の準備が行われていたので、放流の用意をしました。
放流は、MIUの着底〜の巻きが適度に反応を得られる状況が、結構長く続きました。
途中、層が上がった状況となり、ファクター1.8gでカウントを刻む釣りに移行した感じとなりましたが、
底寄りに残った高活性を探った方が良いかな?と思い、マートー3で探り直してみる事としました。
結構当たっていたようで、数色ローテで適度に反応を得る事が出来ました。
活性が落ち着いたところで、昼休憩としました。
午後の釣りは、ファクター・フィックス・チェイサーをローテしながら、カウントを刻む釣りで
中層〜底寄りを丁寧に探って、反応を得ていきました。
反応が遠退いたタイミングは、メタルバイブで気分転換したりもしました。

→ 群馬フィッングセンター中之沢 ホームページ