2019.9.6 FPB迦葉山

埼玉県・藤田さんのレポートです。

釣行日時:
釣行場所:
9/6
FPベリーズ迦葉山
タックル: ULTIMA-B/TD-イグニス改/N2.5lb
ULTIMA-C/ヴァンキッシュC2000S/E0.4号+F2lb
ヒットルアー: マートー2 チェイサー1.2g
ファクター0.9&1.2g M2(0.8g)

今週も、FPベリーズ迦葉山に行って、ナイター釣行してきました。
涼しくなり始めたかな〜と思っていたら、当日は暑い日に逆戻りで、魚の着き方が変わってしまっているのでは?
と思い、川側から釣行を始めてみました。
マートー2から探り始めましたが、カウント0からの探りでは触りも少なかったので、カウントを刻みながら
探っていくと、カウント2〜4くらいで、触りが出始めました。
グローが余り良くないのかな?と思い、ローテを考え始めたところで、引きの強い頂鱒が掛かりました。
前回の釣行時、大きめのサイズは掛からなかったので、細糸で広範囲に探ろうと思い、細くした矢先でしたが、
丁寧にやり取りしたところ、無事ネットインする事が出来ました。
グローが効くのならもう少し・・・と探り、レギュラーを数匹ヒットさせた後に、また、頂鱒が掛かりました。
ラインチェックを確りした後で、先程やり取りでライン強度の不安も解消されていたので、
無事にネットインする事が出来ました。
ただ、丁寧にやり過ぎてしまい、バシャバシャし過ぎて場荒れしてしまったようで、触りが落ち着いてしまったので、
移動しながら反応を探ってみる事にしました。
ライズが頻発している場所を見つけたので、其処に入って探ってみましたが、表層に居る回遊はスプーンに
余り興味が無いようで、やはり、カウント2〜3の層が反応が良いようでした。
マートー2→チェイサー1.2gとローテしてみましたが、得られる反応が少なかったので、ファクターに
ローテしてみる事にしました。
ファクターに変えた途端、触りも増え、確りした当たりも出るようになり、順調に反応を得られるようになりました。
一頻り反応を楽しんだ後に、最近、好印象な山側に移動してみる事にしました。
移動後も、探るカウントには変化は無く、ファクター0.9g、1.2gのローテで適度に反応を得られました。
終盤、触りには来るけど掛かり難くなったところで、M2(0.8g)を試してみると、触りが当たりに
成るようになり、最後まで、適度なペースで反応を得る事が出来ました。

→ フィッシングポイントベリーズ ホームページ