2019.6.10 大分県・北川水系

大分県・shoichiさんのレポートです。

釣行日時:
釣行場所:
2019.06.10
大分県・北川水系
タックル
ロッド:
リール:
ライン:

Stream Infinity 4’11”
CARDIFF CI4+ C2000HGS
ナイロン4lb
ルアー: Miu2.2g /2.8g/3.5g i-Fish FT EXカラー

前回から中9日...予想に反して九州北部はいまだに梅雨入りの発表がありません。
そんな今回は水量の心配はありますが一昨日に降った雨に期待しての釣行となりました。
気になる水量は多くもなく少なくもなく...といった感じで一昨日の雨でちょうど帳尻があった
という感じです。水の流れもいい感じなのでミノーイングで...と勇んで早速エントリーしますが
想いに反してミノーに対してヤマメの反応がまったくありません。
スプーンを使って表層を流してみますが、やはり結果は同じで考えられるのは魚の活性の問題か
このエリアにヤマメがいないかの2択。
どうやら正攻法では今日はヤマメに相手にしてもらえないような気がします。
魚のレンジが下がってる
そう判断してここからはスプーンを沈め縦の動きを入れてみました。
案の定、スプーンを跳ね上げた後のフォールにバイトが集中。
カウントダウンさせたミノーに対してもフロントフックに針掛かりしてることから
下からの食い上げが想像できます。
それでもやっぱり今日に関してはスプーンの方が反応は良く水深、流れの速さで
スプーンウエイトを変えることで対応し数釣りへと発展しましたが、最初は良型だったヤマメも
次第に小型中心に。
結局、今回はスプーンでやり通した形となりましたが、ミノーだったらどうだったのか?
という疑問は残りますが、たくさんのヤマメの引きを楽しめたのは良かったです。
もう6月も半ばを迎えようというのに九州北部は今後1週間の週間天気予報にも傘マークはなし。
空梅雨?なんてことも考えてしまいますが、次回はまた雨後のタイミングで
釣行したいなぁと思っています。