2019.6.2 FPベリーズ迦葉山

埼玉県・藤田さんのレポートです。

釣行日時:
釣行場所:
6/2
FPベリーズ迦葉山
タックル: 修羅UL/ヴァンキッシュ1000S/E0.4号+F1.5lb
修羅L/ステラ1000HGS/PE0.2号+F2lb
ヒットルアー: メビウス1.2g メビゼロ0.9g ファクター1.2&0.9g M2各種
チェイサー0.6&0.4g コラボクラピー ダイブM クランクなど

「ベリーズに行きますが、どうします?」と誘われたので、FPベリーズ迦葉山で、一日券で釣行してきました。
前回の釣行時、底の探りをPEのみで行ったところ、水流にラインが流され、取りきれていない当たりが
多かった気がしたので、今回は、主にエステルを使用して探ってみることにしました。
「田んぼに水を使用し始めたので、若干濁りが入り、巻きは若干反応が悪い」との事でしたが、
底の反応は、前回より良い感じで、適度なカラーローテで、午前中は良い感じに釣れました。
メビウス・メビゼロのみだと、動きに見慣れて反応が落ち着くのが嫌だったので、ファクターも
巻きで様子を探りつつ、底の釣りでも試してみたところ、適度に反応を得る事が出来ました。
日中になると、流石に底の反応は落ち着いてしまいましたが、表層を意識する魚が増え始め、
横で釣りしている友人が、チェイサー0.4gで良い感じに釣れている様子だったので、
自分も試してみる事にしました。
エステルラインで投げれば、キャスト力の余り無い自分でも、程ほどの距離まで届く感じでした。
当日は、表層でバジングさせるより、若干カウントを取ってからの巻きに反応が良い感じで、
手持ちのカラーを適時ローテしながら探ったところ、コンスタントに反応を得られました。
終盤、魚の反応する層に変化が出たので、底の反応を探る直したところ、チョコッと反応が良くなったので、
底の釣りで、適度に反応を得たところで、終了としました。

→ フィッシングポイントベリーズ ホームページ