2017.10.13 赤城フィッシングフィールド

埼玉県・藤田さんのレポートです。

釣行日時:
釣行場所:
10/13
赤城フィッシングフィールド
タックル: 修羅L/ヴァンキッシュ1000S/エステル0.4号+Fリーダー0.6号
森羅MH/ステラ1000S/PE0.2号+Fリーダー0.6号
ヒットルアー: ファクター1.2g マートー2 アイフィッシュFT

用事を済ませてから、赤城南面で釣りを・・・と思っていましたが、天候不順で短時間になる可能性があったので、
久しぶりに赤城FFに行ってみる事にしました。
10時過ぎと中途半端な時間でしたが、午前券を購入しようとすると「5時間券ね」との事だったので、
チョコッと得した気分で、釣行を開始しました。
とりあえず、以前良かったポイントを探りつつ、池をグルッと回ってみると、水の動いている場所には
魚が着いている感じで、表層寄りのカウントで適度に反応を得る事が出来ました。
数匹反応を得たところで、桜鱒が混じったので、ミノーも試してみましたが、ミノーで釣れるのは
虹鱒のみだったので・・・スプーンに戻して反応を探っていきました。
色々スプーンをローテしてみましたが、ファクター1.2gが反応を得易い感じだったので、
大半の時間は、ファクターのカラーローテで反応を得ていきました。
魚の活性は、程々に良かったようで、明るめなカラーで良い当たりが出ました。
雨も強くなり始め、もういいかな?と思い始めた頃、途轍もなく強い引きの魚が掛かりました。
当たりカラーをロストするのは嫌だったので、時間を掛けて慎重にやり取りした結果、
何とか寄せる事が出来ました。
途中で気付いていましたが、大き過ぎる草魚だったので、一応画像に残しておきました。
草魚とのやり取りで、エステルラインが限界を迎えてしまったようで、スプーンの飛距離が伸びず、
得られる反応も減ってしまったので、チョコッと反応を得て、早上がりする事にしました。

→赤城フィッシングフィールド ホームページ