2011.10.10 シャロムの森

埼玉県・本間さんのレポートです。
釣行日時:
釣行場所:
10月10日
シャロムの森
天気: 晴れ
ルアー: I-Fish FT 5S
マジョーラPAL3.8g
MIUネイティブシリーズ3.5g
スピナー輪舞(ロンド)3g

渓流が禁漁になりましたがストリームで釣りがしたいと思い、以前から気になっていた
群馬の「シャロムの森」へ行って見ました

ここは、管理釣り場といっても、自然渓流そのままなので、安全には充分配慮しなければなりません。
もちろん、ヘビ、熊、ハチも生息してますので、熊除けの鈴は必携です。
また、魚も放流はしてません、全て天然のヤマメ、岩魚です。
完全予約制で人数制限有りでルアー、フライのみでオールC&Rで、シングルフックバーブレスがルールです。

実際に釣り歩いてみると、ヤマメの魚影は濃く、キャッチ&リリースの恩恵だと思います。
一般の渓流よりも魚影は確実に濃く、鰭ピンでまさに天然物の魚達です。

良く放流無しで、この魚影が保てるなと関心しました。
訪れる釣り人がルール、マナーを守り、魚達を大切に扱っているとからだと思います。

今回は時間の都合で、エリアの4分の1くらい(2キロメートルくらい)しか釣りが出来ませんでしたので、
次回はもっと上流の岩魚の魚影が濃いエリアに入ってみたいです。

魚のコンディションともに、渓相も最高です!

渓流のキャスティング練習、これからネイティブフィールドに挑戦したい方にも、良い釣り場と思います。

自然渓流です。くれぐれも気をつけて!

→ シャロムの森 ホームページ