スピナーで遊ぼう

浜松市:永田さんのレポートです

今シーズン、スピナー(輪舞5g)を多用しています。
所謂、ただ引きの釣りです。
しかし、ミノーアクションを駆使するのとはまた違って、
遠くでいきなり「ドン」のヒットには独特の興奮があります。
またスプーン、ミノーと攻めて反応がなく、最後にスピナーを
キャストして「出る」といった体験をすると、じゃぁ初めから
スピナーで!という思いになり、多用する流れになっているのだ。

だが、ブレードが回転するスピナーはそれ自体も水中で回転して
しまうから、メインラインのねじれが著しい。
連続で30分も使用すれば、ガイド間にツイストができる有様だ。

なので私の場合、ラインアイにスプリットリングを与え、
小型のスイベルを付けて問題を解消している。
また純正フックサイズはいささか大きく、20cm前後の渓魚には
少しばかり可愛そう。
ということで、スイミングフックはカルティバのメバジグフックの
Sに変え、カエシを潰して遊んでいる。

飛距離、そしてブレードの回転も充分な輪舞5g。
次回改良の際は、小渓流向けの改善に期待したい。


ライントラブル解消に小型スイベルが必要 フックはカルティバのメバジグフックSを流用
富士川水系の地イワナ 天竜川水系の地イワナ