白老 海岸

北海道:成田さんからのレポートです

釣行日時:
釣行場所:
12月10日
白老 海岸
タックル
ロッド:
リール:
ライン:
リーダー:

ダイワ ハートランドz カワスペシャル2
アンタレスDC
PE 1.5号
フララ12ポンド
ルアー: リアライズ8g

この日は尻別川への釣行を予定して、前日から準備をしていたのですが、急遽仕事になり、
午前中一杯が潰れてしまい・・・行くことができなくなり・・・
今回は地元の海・・・それも浜でのウェーディングをして来ました。
ターゲットは、アイナメ。
例年だと産卵期の終盤ではあるので、体力回復の為に荒食いをしている個体を狙いに行きました。

護岸工事された浜から入り、少し先にあるテトラポット目掛けて投げて釣るのですが・・・
今回は、ワーム・・・ではなく、スプーン。
リアライズの8gを使ってみました。

正直な所、釣れるかどうか大きな掛けでした。
最近になって、色々なハードルアーで狙う釣りも確率されては来ましたが、
未だにソフトルアーが強い釣りではあるので、果たしてどんな結果になるか・・・

最初、普通にスイミングさせるも中々食わず・・・
ボトムずる引き、リフト&フォールなど、動かし方を工夫していくと・・・
大きめのリフトからのフォールで、糸が横に動き、合わせると、強烈な引き!
ゴンゴンと首を横に振る動きは間違いなくアイナメ。
潜られて、根に入られると厄介なので、ドラグをフルロックして無理やり引っ張って何とかランディング。
かなり大きい・・・
計ってみると、53cmとかなりの良型!
しかも・・・金色・・・これはつまり、婚姻色のオス・・・
時期的には、終わってるハズなのですが・・・今年はかなり遅いようです。
オスは産卵床を守るので、写真を簡単に写し、リリース。

正直、この1匹で満足だったのですが、せっかくなので色々なパターンを試してみる事にしました。
まず、ワームとジグヘッド。
やはり、アタリは多く、釣れる。
でも、小型が多い。

次に、リアライズのみ。
これでも、釣れるのですが、アタリは少ない。
但し、出ると良型。

そして、リアライズ+ワーム
いわゆるトレーラーというヤツです。
チョイスしたのはシャッド系。
これが、大爆発。
明らかにバイトが増えました。
ワームだけでもここまでにはならなかった状況で、良型を連発・・・。
リアライズの動きと、ワームの動きがお互いに増幅し合って、
何とも艶めかしい動きになるのがたまらないようで・・・
昔、他のスプーンで試した事はあるのですが、お互いに動きを潰し合って
まるで釣れなかった事を考えると・・・驚きの結果でした。

おそらく、リアライズの形状が良いのだと思います。
ただ、かなり斜め上を行く使い方なので、メーカー的にはどうなのかなぁ?と思いますが・・・(笑)
個人的には、もしかすると、アイナメなどのハードロックフィッシュのパターンの
1つになり得るのでは?と思うのですが・・・
まだまだ検証が必要な釣り方ではありますが、もしかすると、もしかするかもしれません。