リニアの通る谷で

浜松市:永田さんのレポートです

南アルプスを東西に貫通するというリニア中央新幹線。
その西側出口となる長野県下伊那郡大鹿村は、歌舞伎で有名である。
この美しい村を流れるのが、天竜川左岸支流の小渋川。
水源は南アルプスの赤石岳西麓だ。

同水系のイワナに会いたくて、また景観の変化が心配で現地に向かった。
小渋谷では絶景の奥で僅かに顔を出すだけだが、送電線が林立するようだ。
加えて、トンネル掘削の残土運搬。
そのための道路拡張や新設が、みえないところで進捗している。
しかしこの日、工事車両もそうした前段階も、確認することはできなかった。

そして、イワナも元気だった。
...少しホッとした。

かの中央自動車道路も、南アルプス貫通計画があったらしい。
ともすれば、遠山川源流域も現在の園原IC付近のような光景になったのか...

大鹿村も然り、その頃はその頃なりの大鹿村の景観なのだといった認識を、
当時を生きる人々は抱くのだろう。

でも平成29年。

こうした絶景は確かにあった。
そんなことを心に刻んだ釣行でした。
使用タックル
ロッド:
ルアー:

リアライズ:

ストリームインフィニティー52L エクストリームチューン
iフィッシュフィールドチューン5S(金アユ、ヤマメ、ニジマスほか)
MIUネイティブシリーズ5/7g(金緑オレンジ、金黒ゼブラ、ウグイほか)
リアライズ6.1g(グリーンオレンジベリー、稚アユ)

小渋谷から赤石岳をみる
元気なイワナは金アユに出た 青葉が茂る前が入渓のチャンス