飴色の宝石と彩る春の花々

浜松市:永田さんのレポートです


川幅広く濁る天竜川本流をあきらめ、ダム下の支流へ向かう。

そして開始早々、
アイフィッシュFT-5S(金アユ)に手のひらサイズがヒットした。

尾ビレの縁の赤、飴色した胸ビレがきれいな1匹だ。

しかし、それ以降魚影なし。

暫く進んで見つけたのは軽トラック。

先行者がいるようだ。

ということで、レンズの先を水辺から遠ざけてみた。

春の被写体はとても豊富で、皆色鮮やかで、しかも可憐である。

もしかしたら、魚を追い掛けるよりもワクワクしていたのかもしれない。

少しの時間だったけど、私は春を充分に満喫した。