MIU 第10弾カラー
ロッドを立てファーストリトリーブで、水面をライズしているマスなどを狙うのに最適なサイズのルアーです。
また通常のブレードよりウェイトを後方に置き、空気抵抗を少なくし、飛距離をのばすことに成功しました。
チームフォレスト完全監修 第10弾2010年度カラー
カラー 全10色(期間限定色):
(左から)
1.真っ赤金、2.ミッドナイトシルバー、3.キンショウメロン、4.嬢王、5.SATOSHI BLUE、6.ミルフィーユ、
7.茶羽ブラック、8.かみつけペレット、9.ミッドナイトグリーン、10.ミッドナイトブルー
ウエイト:2.2g HOOK:バーブレスフック使用 ※取り付けの際にはスナップをご利用下さい。
価格:\400+税
※こちらの第10弾カラーは期間限定色につき、在庫がなくなり次第販売も終了となりますのでご了承ください。
チームフォレスト推奨
MIU第10弾 カラー別使い分け指南
 No.1 真っ赤金
チームフォレスト 山崎 亘
放流時の定番カラーの赤金の中でも特にこの赤金は効果的で、放流のときは迷わずにこの色を投げて見ましょう!
広いエリアでも集魚力抜群の最強カラー!!
 No.2 ミッドナイトシルバー
チームフォレスト 山崎 亘
くもりや雨等の光量が少ない時に◎
イワナやヤマメ等のイロモノにも効果的なのでイロモノが多く放流されているエリアでは積極的に使ってみましょう!
 No.3 キンショウメロン
チームフォレスト 山崎 亘
おもに小規模エリアや赤金等で魚を手前に寄せた後に使うと放流効果を長続きさせやすくなります。
No.1の真っ赤金と組み合わせて放流魚を狙っていくとより効果的に釣っていくことができます。
 No.4 嬢王
チームフォレスト 赤羽根 悟
華やかな夜の街をイメージしてできたカラー。
シルエットをはっきり見せたいときやサクラマスが多いエリアで有効!
使いどころはやはりナイターで。
 No.5 SATOSHI BLUE
チームフォレスト 赤羽根 悟
知る人ぞ知るSATOSHI BLUEがついにMIUで登場!
大会での実績も高く、クリアウォーター・マッディウォーターを問わず使うことのできる中間色である。
 No.6 ミルフィーユ
チームフォレスト 赤羽根 悟
ベースはクリーム色でアクセントに加えたピンクが際立つカラーだが、魚の活性状態が把握しづらい時のパイロットルアーとしてや、カラーローテーションの間にさし色として使うと有効である。
 No.7 茶羽ブラック
チームフォレスト 山崎 亘
放流効果が落ち着いてきたときに投げてやることで放流の高活性がまだ抜けきっていない魚を釣りやすくなります。
エリアについて最初に魚の活性を確認するときに投げるパイロットルアーとしても◎
 No.8 かみつけペレット
チームフォレスト 山崎 亘
ペレットを撒いているエリアの魚に対してのフォールやボトムでのスローな釣りに非常に効果的!!
エリアに放流されている鱒は基本的にペレットで育てられているのでこういったカラーに高反応なことが多く強いアタリが出やすくなることもあります。
 No.9 ミッドナイトグリーン
チームフォレスト 山田 善規
放流後の喰い渋り時、及びアタリはあるが掛りが悪い時などに使用。
ミッドナイトグリーンは水色がクリアウォーターからグリーンウォーターの時に非常に効果的です。
ミッドナイトブルーとの使い分けでさらに◎
 No.10 ミッドナイトブルー
チームフォレスト 山田 善規
放流後の喰い渋り時、及びアタリはあるが掛りが悪い時などに使用。
ミッドナイトブルーは水色がクリアウォーターからマッディウォーターの時に非常に効果的です。
ミッドナイトグリーンとの使い分けでさらに◎